ある日の鎌倉 台風を乗り越えた野菜たち

台風をはじめとする天災が多い日本ですが、この秋口の連続の被害は、とても広い範囲に渡ったものであった。

この度の災害で被害で命を落とされた方々にお悔やみ申し上げます。

まだ復旧の真っ只中の方々がいかに多いことかと・・・。心が痛みます。

 

鎌倉も15号の台風の被害が未だ復旧していない山々もあるのに、観光客が山に入ってしまって、危険極まりない。

 

私が料理人としてお世話になっている農家さんたちも、大変な被害を受けておられ、秋への種まきが終わったところでの15号で全部流され、さらに植えたところへ19号という連続での強烈な台風。

今、鎌倉のレンバイでも売るお野菜がとても少ない。というか、雨の多さで農地が水を含みすぎてしまって、再び植えた根が下へと育たない、ということもおっしゃっていた。

 

それでも、場所をかえ、荒れた土地を耕し、再び野菜を育てていかなければならない。

土に生きるものは強いという言葉を、私のようなものが言ってはいけないと思うほどに、打ちひしがれている方もいる。また、淡々とこの自然の爪痕をよく観察しながら、前へ前へと向かっている農家さんもいる。

 

人はそれぞれでいい。

 

そんな真っ只中で、鎌倉でお料理をふるまう会があり、生き残った野菜たちを料理して提供した日。

 

仕上げにたっぷりと使ったイタリアの素晴らしいBioのオリーブオイルが、青い香りを放つ。

CENTONZE OLIO EXTRA VERGINE DE OLIVA  BIOLOGICO

野菜とハーブと柿を使ったサラダに、たっぷりとかける。

 

 

 

その数日後には、また別の場所でハーブとBioの雑穀と押し大豆のサラダに塩とすだちとオリーブオイルをたっぷり

このオリーブオイルは本当に香りが良い。久しぶりに出会った感じでした。

 

 

ヨーロッパ特にフランスもBio先進国で、スーパーでも当たり前のようにBio野菜が並び、それほど価格差もない。

ミツバチ問題もあり、大きく無農薬へと舵をきっている。

日本は逆の方向へと向かう力も強く、本当に恐ろしいと思う。

 

土を離れては人間は生きられない。

 

どうか、土も木もそして地球の水をおろそかにしないで欲しいと切に願う。


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

categories


selected entries


archives


recent comment

  • 3月メニュー
    monk

search this site.