2019年祇園祭

今年は後祭のタイミングで京都出張となりました。

 

打ち合わせが終わった後、ホテルに入る直前から、龍神様からのメッセージのような雷雨となりましたが、宵山を歩く時間には雨も止み、193年ぶりに復活した「鷹山」のお囃子もゆっくりと聴くことができました。

 

そして、浄化が終わった翌日の後祭では大きな石に座って、鉾や人々が前を通っていく姿をのんびりと拝見することができ、今年の祇園祭も堪能いたしました。

 

疫病が流行り、鎮めるために神さまを祀り祈るという、ある意味で世界共通の人間の姿なのだなという思いがこみ上げてきて。

 

『北観音山』

 

 

 

『鯉山』

 

 

 

『八幡山』

 

 

 

『黒主山』

 

 

 

『南観音山』

 

 

 

『役行者山』

 

 

 

『浄妙山』

 

 

 

『鈴鹿山』

 

 

 

 

『鷹山』

 

 

 

 

『大船鉾』

 

 

ふいに出逢ういろいろ

 

 

 

 

梅雨明けです。

 

 


関連する記事
コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

categories


selected entries


archives


recent comment

  • 3月メニュー
    monk

search this site.