鎌倉彫の天井装飾

いよいよ、最終段階にはいりました。鎌倉彫の天井装飾。京くみひもは西陣で組んで下さっている、真っ最中。

真鍮の金具と京くみひもコードと伊勢和紙のシェードのすべてのパーツが組み上がるのは今月末。

 

なんという、ぎりぎり具合でしょう。笑

皆さまに誠に感謝です。

 

写真ではわかりにくいですが、きりんのキワには銀粉、雲のキワには金粉が施されています。

とても美しく、手元において置きたいですが、フランスへ持っていき、沢山の方に観ていただきたい。

 

西陣織のテーブルウエアでは、この雲と調和する雲立涌の唐織が織りあがってきています。

現在は銀をメインとした配色で織っていただいており、上がるのが待ち遠しいです。

 

いよいよ、登録も進みMaison&Objetのwebにアップをし始めました。

Paris街中でのギャラリー展もあわせて開催予定。

 

逡巡している時間はない。

今できる最善を尽くします。

 

 

 

 

 

 

 

 


関連する記事
コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

categories


selected entries


archives


recent comment

  • 3月メニュー
    monk

search this site.