信じることがどれだけ素晴らしいことなのか。

 

このところ起こった色々が、まことにありがたく。

ぼ〜んやり感謝していられないほどにきっと大変なことになっているのかもしれないとか、年明けたら急ピッチで走り続けなければいけないのかもしれない、とか不安になることもあるけれど、それは、きっと妄想で。

 

日々、目の前にあることを粛々と進めることしかできず、ひとつづつ丁寧に進めると、その先に路はずーっと繋がっている。

 

一心に考え続け、想い続ける。絡まった糸を一本づつほぐしてみたり、頭を叩いてみたりさすってみたり。

すると、いつも答えは突然開ける。

 

あの路は此処に繋がっていたのかと、ひとり納得する。

 

今年の年越しは、墨地にローズピンクと紫を想い続ける。

 

なぜ、惹かれる組み合わせなのかわからないけれど、どこかにきっと繋がっているはずなので、素直に従ってみようかなと。

自分のこころ以前のどこかもっと奥の深い部分の声に。

 


関連する記事
コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

categories


selected entries


archives


recent comment

  • 3月メニュー
    monk

search this site.