2017年10 月の旅:瀬戸内

スケジュールを足したり引いたり、いろいろ頑張る気になると、いろいろなご縁に出逢える。

 

心が動いたら、すっと流れるように、ことは進む。

 

そして、瀬戸内へ。

 

今回は、壊れる直前だった携帯を買い換えたので、心おきなく写真が撮れた。

 

私にしてはたくさんシャッターをきった。いえ、カメラボタンをおした、、ってとこかな。

 

とはいえ、その中でも、まあいい写真じゃない?って思ったものをアップしてみることに。

 

一番行きたかった檸檬ホテル、一緒の泊まっていただいた2人の女子に感謝。

彼女たちがいなかったらこんな素敵な体験はできなかったな〜。

 

ほほ檸檬

 

 

 

神様のささやき

 

 

 

鯛そうめん、鯛の独り言

「俺様、檸檬にまけてる,,,!」

 

 

 

 

そして、豊島から小豆島へ

 

神様の仕業

 

 

小豆島から広島へ

 

静かなひとり旅の時間。

 

ふいに出逢った能舞台は、300年前に建てられたもの。

宮司さんのお話が興味深すぎて、後ろ髪ひかれながらのお別れ。

お見送りまでしてくださって、、、日本の心をお持ちのお方。

 

また、必ず参ります。

 

 

そして、ふたたび移動し、今回の終着点に。

 

水盤1

 

 

翌朝は風ひとつない秋晴れに。

 

水盤2

 

 

レストランでは地元の食材をふんだんに使っていた。

頭がさがる。

でも、彼らの出身バスクでは当たり前のことのはず。

 

世界中の美味しい食材をとりこむ日本っていったい......。

 

どれも美味しかったですが、私の感動の一品はこれ。

納得の高野町りんごのパステルバスコ。

ほんとうに美味しかった!

 

ごちそうさまでした。

 

 

 

 

 

 

ありがとう、瀬戸内。

また、近いうちに。

 

 

 


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

categories


selected entries


archives


recent comment

  • 3月メニュー
    monk

search this site.