国立能楽堂にて観能

ご縁がありまして、、国立能楽堂にて若手能楽師の独立公演を拝見してまいりました。

金剛流のお能は、ひょっとしたら初めてだったかもしれないですね。

 

金剛流ご宗家の舞囃子『東北』。

観るという行為ではなく、自分の身体感覚がなくなってシテと同一となる、稀有な時間でございました。

 

舞の金剛といわれるそうで、昨年独立されたばかりの能楽師の『乱』。なかなか見応えがありました。

後見にご宗家が目を閉じてお座りになっておられる御姿と、無となり舞い続ける若い能楽師の共鳴。。

なぜか、私も身体が疼く感覚。。

 

これからが愉しみな方なのではないかと思いました。

 

お能1,000本 白洲正子さんからメッセージがきこえる、静かな1日でした。

 

 

 

小羽団扇楓

 


関連する記事
コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

categories


selected entries


archives


recent comment

  • 3月メニュー
    monk

search this site.