スープと器

先日、Parisに行った折に出会った陶芸家さんの作品がとても気にいったので、カードをお渡ししてメールでのやりとりを続けています。とても肩の力の抜けた優しい作品でしたが、紙のように薄くて薄くて、繊細な表情が素敵で。

 

今ではないけれど、必ず手元に引き寄せたいと思う作品たちでした。

 

私のHPをみてくださったらしく、とても綺麗な写真で美味しそうとおっしゃっていただき、フランス人の心にささった!と、大変嬉しかったです。

 

本日のアップは、鎌倉野菜のスープと世界の作家作品のマリアージュ。

 

ラディッシュのスープ × Berndt Friberg

 

 

 

バターナッツ南瓜のスープ × Christiane Perroshon

 

 

宇宙は無限に繋がっていますね。

 

 

 


関連する記事
コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

categories


selected entries


archives


recent comment

  • 3月メニュー
    monk

search this site.